• UPDATE

◆リビングテーブルに並べた【恐竜オブジェ】

ちょっと見ただけだと違和感もないかも知れませんが実はこの商品、8㎝程度の【カプセルフィギュア】です。
「フィギュアの精巧さ」をより強調するため、上の画像は背景を合成してます。まさに世界が認めるクオリティですね。

◆海洋堂の【カプセルトイ】

画像の5体はアソート数が少ない「重厚塗装」で仕上げたいわゆる【レアアイテム】なんですが、なかなかどれも【ハイクオリティ】なミニチュアです。 最近のカプセルフィギュアの中ではピカイチ! まずは家電量販店にLet’s go! カプセルトイなので同じ商品が続くことも多いのが、泣きどころ。(T_T)1回400円です。 回し過ぎにはご注意を★★

◆T-REXの【ヘビーウエイトオブジェ】

「ラフ仕上げ」のため、塗装剥がれや形のムラがあります。「商品の味として、ご理解ください」という説明書きが最高です。機械で何でも精巧に量産できてしまう時代に、こうした【手作りっぽさ】が一番大事なんですよ。

ポリレジン製でズッシリと重い。ペーパーウエイトには不向きな大きさかな? ラフな【荒削りっぽさ】が味わい深い。ハードに決まった墨入れが豪華な仕上がりです。 ヘビーな【メタル感】と特徴的な【躍動感】の反する要素がバランス良くまとまってます。流石です。 全長35㎝のジャンボサイズながらも「クールなテイスト」な魅力に溢れてますね。

◆【乾いた大地】のオーナメント

第一印象は「砂漠で風化した頭蓋骨」のイメージでした。 なので、ちょっと丸みを帯びた【ディフォルメ感】もいい感じ。 説明を読むと用途は、トカゲやヤドカリなどの【水槽オーナメント】だそう。 ちょっと昔の「ザブングルの歌詞」じゃないですが【乾いた大地】にピッタリ。イメージ通りに必ず「サンド」を敷いてください! どうやら最初の印象で間違いないみたいでしたね。(^O^)

URL